人生・・喜怒哀楽・・・試練

倒産、転職と表向きはそれなりに、生活優先で頑張りましたが、裏ではいろいろ有りました。
子供達は転校を余儀なくされ、それなりにいろいろ悩んでいたようで、私も気持は理解して
いましたが、生活優先でしたので多少は子供達の気持をつぶしてきたような気がします。
妻の母の死、妹の死、私の父の死、弟の死、母のガンの発病、・・・・まだまだ
妻の父の認知症、母の交通事故、私の膝の手術・・・・
それでも何とか、今日があるのは母の手助けがあったからです。
その母も今ではガンの末期で闘っていますが、何も手助けもできない私です。
まだまだ続きます・・・・喜怒哀楽・・・人生
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-07-10 08:43 | Comments(0)

人生・・喜怒哀楽・・・家族

長女・・製薬会社勤務、勉強大好きで大学院とか、不動産鑑定士の資格、株式の
     講座とか
     頑張っているようで、その他趣味も多く忙しい中、ゴスペル、ピアノ、英会話等
     意欲満々です。歳をとったらフジコ・ヘミングのようになるそうです。
     このバイタリテイー脱帽です・・・・

次女・・大手住宅展示場の受付勤務、現在ライフワーク模索中でいろいろ勉強中の
     ようですが、家の手伝いはよくしている様です。ありがとさん・・・・

長男・・通信機器のテレアポの仕事をしていますが、自分がなにをしたいか模索中で
     我が家の跡取息子ですが??・・やさしい息子です。

    人生・・喜怒哀楽・・・がんばれ
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-07-05 10:02 | Comments(0)

喜怒哀楽・・・花

b0014732_1539636.jpg

[PR]
# by kawasei1008 | 2005-07-03 15:40 | Comments(0)

人生・・喜怒哀楽・・・妻

会社が倒産してから、苦労をしたのは私だけではありません。
妻もパート、アルバイト、社員と、転々としながら家庭を支えてくれました。
本当にありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう
これからは少しゆっくり・・・・人生を楽しんでいきましょう
健康第一です・・・・・よろしくね
でもこの14年間いろいろありましたね・・・また投稿します。
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-07-02 13:12 | Comments(0)

人生・・喜怒哀楽・・・転職2

平成4年3月独立、軽運送業にてスタートはしたが、業界の事がまったくわからず
紹介で大手運送会社の下請けの仕事をもらいましたが、これで良かったのかと
心の中では昔の事が頭からぬけきれず、葛藤の毎日でした。
2~3年と経つ内に、ここでも良い人との出会いがあり、少しづつ業界のことが
分かり始めいろいろ勉強させていただきました。朝も早くから夜遅くまで、自分でも
よく働いたとおもいます。(途中何度サラリーマンに戻ろうと考えた事か)
やっと住宅ローンもめどがつき、子供達も何とか学校を無事終える事ができ
ちょつぴり余裕ができ・・・・・一段落今振り返るとここでも・・喜怒哀楽・・・・・一期一会
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-07-02 13:03 | Comments(0)

人生・・喜怒哀楽・・・転職

転職・・・大変です
退職後、私の転職作業開始ですが、当時はまだ就職は大変な状況ではなく
何軒かお誘いもありましたから、同じ業界にうまく決まりましたが、入社してからが
大変でした。中途入社は人間関係がなかなかむずかしく、入社前と話が違う部分があり
結局11月でやめることになり、またスタートにもどりましたが簡単にはいきません        しばらくは運送会社で夜アルバイトしながら就職活動ですが、現実は余裕はありません
会社が倒産するということは、退職金などありませんし、住宅ローン支払い中で
子供達も一番学費がかかるときで、ゆっくりと考えているひまはありませんでした
元手がかからず独立しようと、アルバイト先の人から情報を得て軽運送を開業することに
昼は軽運送、夜はアルバイトで何とかしのいできましたが、昨年まで13年間いろいろ
ありましたが、何とか頑張りました・・・・・しかし・・・また投稿します。
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-07-01 16:12 | Comments(0)

人生・・喜怒哀楽・・・・倒産

忘れもしません・・・平成3年5月23日早朝、出帳先のホテルに第1報が入りました。
地区担当社員よりの電話で会社が倒産したとの事、私は朝から冗談はやめろと一喝
信じられない気持で、営業所に向かいTVのニュースで倒産の事実を確認すると
取り急ぎ本社などに問い合わせ、情報収集に追われ拠点である鹿児島の
事務所に戻り(当時私は南九州地区の責任者でした)全社員を集め今後の対応を
検討するも、何から手をつけてよいやら、とりあえず本社の指示待ちと言う事で
全員しばらく待機することにして、情報収集に全力をあげる事にしました。
会社が倒産すると財産保全命令が裁判所から出され、全てのものが動かされなくなります
倒産の原因は粉飾決算らしく、この情報が入るまで2ヶ月かかりました。
社員の動揺もみられ、退職希望者がでてきましたが、引きとめる事もできず
再就職に協力することにしました。お蔭様で同業社に私の友人も少しいましたので
何人かはお世話しました。その後いろいろありましたが、全社員の身の振り方が
決まり私も8月に退職いたしました。
これからが喜怒哀楽の始まりでした。・・・・・・・・
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-06-29 19:50 | Comments(1)

最悪です・・・・夏風邪

昨日からのどの痛み、鼻水、目はしょぼしょぼ、悪寒、と最悪です。
警備は24時間勤務なので、特に夜間は眠くてしかたありません(今日は)
仮眠をしますが今日は私は1時からなので大変でした。帰宅してすぐに
薬を飲んで床につきましたのでこの時間になって少し楽になったようです。
やはり健康が一番ですね。私はあまりエアコンをつけないのですが
警備室は24時間エアコンが入っていますので、管理が大事です。
また明日も勤務ですから、体調を整えます・・・・(おかげでブログ投稿出来ます)
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-06-27 15:24 | Comments(0)

何もわかってないよ!‐‐‐

親父の亡きあとの母の苦労、どんなものか何もわかってないよ‐‐‐‐私は自分が幸せになれば、母も喜ぶといつも考えていた。本当に母の気持を真剣に、考えた事がなかったような気がする‐‐‐‐ごめんね‐‐母さん
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-06-16 20:19 | Comments(0)

母の背中・・・・・・

私の場合は親父の背中ではなく、母の背中でした。
物心ついたとき親父は酒乱で、常に私は脅えていたのと、母はいつも
父に手をやいていた記憶がほとんどでした。私が中学に入学してすぐに父は
亡くなり、さらに母の苦労が続くわけで、今考えてみると酒乱の親父でも
母はきっと途方にくれていただろうと思う。私達3人の子供をかかえて
これからどうしたらいいのだろうと・・・・・・
父が亡くなりしばらくして、母は2人目の親父と付き合い始め、ときどき
家に来るようになり、私と妹はすぐには受け入れられずいやでした
これも今考えると、母も生きていかなければならない一つの選択だった
のかもしれませんが、新しい親父も酒乱で、母も運が悪い女性でした。
いつだったか、母がなぐられているところに中学生の私は、親父にむかって
いった記憶があり、二人の親父に対し良い印象はありませんし、そこから
逃避したくて、東京に出たのかもしれません。
母はいつもお酒を憎んでいたのか、口癖のようにこの世から酒がなくなれば
良いと言っていました。とは言っても私達の見えないところでの母の苦労は
並大抵ではなかったと思います・・・・・
この歳になってわかるような気がします。
その母も今年77才、悪性リンパ腫大変厳しい状況です。
何も出来ない私はただ側にいてやるだけです・・・・・・・・
[PR]
# by kawasei1008 | 2005-06-14 21:08 | Comments(0)